豊富な情報に振り回されないためのコツ

審美歯科と自由診療

審美歯科は自由診療です。自由診療というのは、いろんな理由から、公的な医療保険が適用されない医療のことです。

厚生労働省が認めていない材料を使ったり薬を使う場合には、保険がききませんから、自由診療になります。審美歯科の場合ですと、日本ではまだ認められていない最先端の外国の材料を使いたい場合などです。自由診療の場合には医療機関と患者の間で自由契約により、医療費などが決められて、全額自己負担になります。

こうした自由診療の場合には、一部だけ保険適用の診療にするということができません。審美歯科の診察費は保険適用でその後は適用外というような形にはできないということです。

こうした自由診療は癌などで、まだ未承認の最先端の抗がん剤を使いたいという時にも当てはまります。自由診療となり全額自己負担となります。

審美歯科豆知識

矯正歯科は審美歯科には入りません。歯のかみ合わせという健康に必要な治療だからです。虫歯や歯周病の治療も保険が適用されます。

虫歯の場合も、通常の治療とは別にゴールドの冠を付けてもらったり、セラミックを付けてもらうと保険がきかなくなり自由診療となります。ですから同じ治療をしても、使う材料次第では自由診療になったりします。

健康を守るのに必要な程度以外の治療はすべて自由診療となり、保険の適用外となるのですね。金歯というのは健康を守るのには必要ではないということです。インプラントとなると微妙ですね。これは審美歯科の枠内か?矯正歯科と同じようになくなった歯を埋め込んで再び噛めるようにするという意味では保険適用の通常の治療のようですが、他のもっと経済的な手段があるということですね。


あなたの審美歯科利用を手助けする総合情報サイト

この記事をシェアする